FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.06 4月4日
 

南無妙法蓮華経
大徳寺様を7時半ごろ出発した。

昨夜から風がものすごく強くて、出かける時も雪交じりの強い風に、正直なところがっかりしてしまったけれど、大徳寺の御住職様やお母さまから笑顔でお見送りを頂き、記念に写真を一緒に撮ったりして、今日も一日をしっかり歩こうと思った。

大徳寺というお寺は、南三陸町の中でも古刹で、不動明王がお祀りされていて、地域の方の信仰を集めていて、「横山不動尊」として有名な寺院だった。
週に1回のお茶飲み会をしながら地域の方々とのふれあいを大切にされているとのことだった。

車で昨日の終点である、南三陸町役場跡まで移動し、そこから歩き始めたけれど、ものすごく強い風で、大げさではなく息もできないほどの強さ

寒さで体力も落ちて、かなり疲れた。

去年も歩いたところを歩いて懐かしくて、その時にお会いした方と、お目にかかりたいと思っていたけれど、なかなかタイミングが合わずに残念だった。
昨年泊めて頂いた、お寺の御住職を訪ねて、近くまで寄ってみたけれど、御住職は仮設住宅に入居されたということで、お目にかかることはできなかった。

次の日に、その御住職から電話を頂いて、お元気そうだった。
実は昨年、お経を上げて御供養したあと、数々御遺体があがったそうで、今年も女性の御遺体があがったということだった。昨日は風が強く、海も荒れ模様だったので、それで海から上がったのかもしれないけれど、もう1年以上経って、身元が分かるということもすごい事だと思った。

今日の宿泊場所は曹洞宗の西光寺さま。

本堂と庫裡を津波で流されてしまい、震災直後から物質的な支援ではなく、精神的な支援をなさって来られ、最近は少しお疲れとのことで、骨休みをしようとしていたところに、今回一夜の宿をお願いしたところ、檀家さんが昨年の我々の姿を見かけていたようで、また、御住職様方も、今迄皆さんにお世話になってきたから、ということで、快く我々を受け入れて下さった。

お寺に到着したときは、御住職はお出かけになっていて、奥様がお迎えして下さった。

お茶を頂きながら、当時の事を伺って、一息ついてから近所の旅館にお風呂を借りに行った。

行進中で問題になることの一つがお風呂と洗濯の事。

寒い時期だから、歩いても汗もかかないので毎日入らなくてもいいと思っていたけれど、、実は毎日寒くて雨や雪、強風の毎日なので、体を温めるために銭湯などお風呂を探すのだけれど、被災地に入れば入るほど、問い合わせても震災後は営業していないところが多く、
また、コインランドリーも石巻など大きいところにはふんだんにあったけれど、コンビニによって聞いてみると、「乾燥機はあるけれど、洗濯機はない。洗濯したいなら志津川まで行かなければ…。」ということだった。

何故乾燥機だけか?というと、仮設住宅にはテレビや冷蔵庫、洗濯機は準備されているので、乾燥機だけあれば事足りる様だった。

震災当時は水不足で大変だったことを聞いていたし、昨年は我々も水を手に入れるのが難しかったけれど、今回お世話になった旅館では震災後、避難所として機能していて、今では作業に来ている方々の宿と共に、一般のお客さんも来るようになり、お風呂も24時間入れて、洗濯機も貸して頂けるように対応していたので、有難い存在だった。

ゆっくりとは入れなくても、湯船に浸かるだけで体の疲れが溶けていくようだった。

お風呂を出て、お寺に戻ると終わった洗濯ものを乾燥機にかけるため、寄り道した。

お寺に戻り、食事を頂き、仮説とは思えないほど立派で広い本堂に、ゆっくりと休ませて頂いた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/95-28b2a74f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。