FC2ブログ
2012.04.04 4月3日
 

南無妙法蓮華経

林業生活支援センターを朝7時にスタートした。
歩き出してすぐに、ここの集会所をお世話して下さった西条幸正さんのお宅にお邪魔してご挨拶をした。

そこまで行くのに、木が倒れて道をふさいでいたりして、大変だったけれど、漁師をしている西條さんは本当なら猟に出かけているところを、船の調子が悪かったそうで、お宅にいたのでご挨拶に寄ることが出来てよかった。

今朝確認した天気予報では、台風並みの風の強さで、夕方には雨が降るとのことだったので、なるべく早く宿泊先に着きたいと思いながら、それでもしっかりと手を抜かずに、海によってご供養をしながら歩いた。

今日歩いた場所は、昨年も通ったところなので、昨年休憩させていただいた場所で、また休憩させていただいたり、「ここの仮設でお話したなぁ」と懐かしく思いながら歩いた。

398号線と45号線がぶつかるところに、セブンイレブンが仮設で営業していて、たぶん営業再開したばかりのころは、商品も揃わず大変だったことだろうけれど、今は建物こそプレハブでも、品揃えは普通のコンビニと変わらないようになっていて、近辺の方々もホッとしていることだろうと思った。

南三陸町に入り、昨年もご供養をした病院の前に行き、今年もご供養をした。

昨年書いたお塔婆が、花の中に埋もれていたけれど、ちゃんとそこにあって、嬉しく思いながら、また次のところに向かうため街中を歩いていると、確かに瓦礫はかたづいてはいるけれど、ただそれだけ。全然手が回っていない現実を見るにつけ、問題の大きさを改めてここでも感じた。

それでも、昨年は水が出ないで困ったことが多かったけれど、今年はどこでも蛇口をひねれば水が出るので、改めて、飲める水が出るということは、すごいことだと思った。

南三陸町役場後から車移動で今日の宿泊先の曹洞宗大徳寺様に到着。

このころには雨も降りだし、風も強くなり始めてきたけれど、お寺に早めに着くことが出来たので、いつも通り(?)ずぶ濡れになることもなく、御住職のお母様に温かくお迎え頂き、ホッと一息つかせていただいた後、近くのお風呂に出かけた。

ひなびた温泉で、とても素敵なところだった。お湯にゆっくり浸かった後、脱衣所でボランティアに来ているキリスト教の牧師さんと出逢い、しばらくお話をした。

皆お湯から上がり、いざ帰ろうとしたとき、今日の強風に木が倒れ、通行不能ということで迂回路はあるけれど、50分かかるとのことで、御住職から「携帯もつながらない山の中・・・」とのお話だったので、恐る恐る形態を開けてみると、アンテナがしっかり立っていたので、電話をして遅くなる旨を伝えて、車で迂回路経由で帰ろうとしたら、お客さんの中にチェーンソーを持っていた人がいて、あっという間に切り刻んでくれたので行きと同じくらいの速さで帰ることが出来た。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/92-74de9d9a