FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.04 4月2日


南無妙法蓮華経

3日間お世話になった(笑)照源寺様からスタート。

3日間も同じ場所にいることが出来るというのは本当に有難く、快く居場所を提供して下さった御住職様を始め、お寺の方々に、心から感謝して歩き始めた。

歩き始めてすぐに、お寺のすぐ近くの仮設にお住いの阿部宗悦さんのお宅にご挨拶に伺った。

先日は、雨の中を女川原発まで会いに来て下さって、我々のことを心配して下さって有難かった。
記念にみんなで写真を撮ったりして、尽きない名残を惜しみながら出発となった。

雄勝の五十鈴神社から歩き出して、北上川沿いの大川小学校によって、ご供養をした。

ここでは多くの小学生が津波の犠牲となってしまい、今では小学校に慰霊の供養塔が経っていて、沢山のお花が手向けられていた。

その大川小学校に近づき、いざご供養をしようというときに突然、突風が吹き荒れだして、驚くほどだった。

手に持つ団扇太鼓を風に取り上げられそうなほど、風にあおられて持っていられないほどの強い風の中、何とかご供養をお勤めさせていただき、北上川を渡って向こう岸へ渡ろうとすると、まだまだ風は止まず、ますます勢いを増すばかりで、風にあおられて川に落ちるのではないかと思うほどだった。

橋も何とか渡り切って、堤防沿いを歩いているときも、かなりの突風で気を抜いたら体ごと飛ばされそうなほどだった。

堤防の途中に壊れている建物があって、強風をよけながら、そこでしばしの休憩を取った。

そのまま堤防を進んでいくと、かなりの被害があり大勢の方々が亡くなられた北上総合支所が見えてきて、そこに焼香場所が設置してあったので、皆でお線香を立ててご供養をした。

そこにはアンパンマンのお菓子やおもちゃなどが並べてあり、大人用にお酒の瓶も数々並んでいて、お線香をあげる人も、上げてくれる人を待っている方も、どんな思いかと思ったら泣けてきた。


今日の宿泊場所は、林業生活支援センター集会所に泊めて頂くこととなった。

大きいストーブがあり、とても暖かでゆっくり休めたけれど、寝入りばなに地震があって驚いた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/91-8d5eca9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。