FC2ブログ
2012.04.03 4月1日 


南無妙法蓮華経

2日間お世話になった照源寺様からスタート。朝から天気が良くて気持ちがよかった。

歩く道すがら、仮設住宅の前を通りかかると、そこにお住いの方々が何人か集まっていて、そこで立ち止まりしばらくお話をした。

どんなことでここまで歩いて来たかをお話すると、仮設にお住いの方から、食事はどうしているのか?とか、泊まるところは?などと質問を頂いたりして、また、こちらから困っていることはないか?と尋ねると、支援物資も以前に比べて入ってきにくくなってきたそうで、買い物に行きたくても、近くにスーパーなどがないため、ご近所同士で車に乗り、買い出しに行かなければならないとのことだった。

歩みを進めて、昼食は以前は避難所として使っていた、公民館で場所をお借りして頂いた。

最近は、人もあまりよらなくなってきたそうで、それでもカラオケの機械があったりマージャンなどの器具もあって、厳しい避難所生活で皆さんの慰めになっていたことだろう。

お昼のおにぎりを頂きながら、地元の方とお話をして、午後のスタートを切ろうとしたら、
午前中のいい天気がすっかり曇ってしまい、風も冷たくなってきた。

歩き出してしばらくすると雨が降り出し、やがて雪になって又雨になった。

雄勝の硯工場跡付近で海に向かってご供養する前に、さーっと弱い雨が降り出し、「何だか涙雨の様だな・・・。」と思いながらご供養を始めると雨は降りながらも次第に晴れてきて、虹がかかった。
この場所では亡くなられた方が数多くいたそうで、お経と共に、虹の橋を渡って霊山浄土へ向かってほしいと願いながら、お経が終了して、最後にお題目三唱、お唱えすると同時に虹も消えてすっかり雨が晴れて、こちらの思いを聞き届けて頂けたかな?と思い感動した。

そこから雄勝の支所まで歩き、そこでは地元の商店がプレハブで営業を再開し始めているので、少しでも地元のお役にたちたい思いと、冷えた体を温めたい思いから、石巻名物の焼きそばをみんなで頂いた。

いうまでもなく、美味しかった。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/90-ba3a30e8