上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.01 3月29日


南無妙法蓮華経

今朝、こんな話を聞いた。

天皇陛下が今回の大震災の1周忌に際し、お言葉をのべられた。その中には放射能の脅威や原発に対しても言及があった。

アメリカではそのまま報道されたのに、日本のマスコミも報道はしたけれど、天皇陛下の原発や放射能に対するご意見は全てカットして流したようで、アメリカで大問題になっていると、アメリカに住む日本人の方から教えて頂いた。

天皇陛下の言葉すらそのまま報道しない国。そこまでしなければならないほど、切羽詰っている状況で、いよいよもって真剣に立ち向かわなければならないと、覚悟を決めた。

大飯原発の反対活動を長い間なさっている、中嶌哲演明通寺御住職は、この度ご自身の体調も顧みず、お断食祈念に入るとのことで、まさに命がけで原発を止める為にご精進されている。すべての命を守る為に原発を止めたいものと、自分の欲の為に、なんとしても原発を稼働させたい者とのせめぎ合い。

とにかく、真剣にお題目をお唱えしていくしかない。

今日は、一人行進に加わってにぎやかになった。

食の大切さや添加物の事から、原発の問題まで幅広く、自分で作った紙芝居を持って、全国を歩き回っているAKOちゃん(男性)が参加してくれて、最後広島まで一緒に歩いてくれるとのこと。

昨年もずっと一緒に歩いてくれて、我々に様々な情報を提供してくれたAKOちゃん、今年も楽しく歩くことが出来そうで楽しみ。

石巻に入り、浜辺に向かって歩いたけれど、大曲地区は、瓦礫もほぼ昨年同様で、荒涼としたままだった。

昼食を、大曲コミュニティーセンターで取らせていただき、しばし休憩した。
職員の方が快く中に入れて下さって、本当に助かったし、有難かった。


今日の行進のゴールである石巻市役所に到着する前に、名取で先日お泊め下さった、太田さんご夫妻が来て下さって、差し入れをたくさん持って来て下さった。

石巻市役所では約束無しでまた挑戦したけれど、市長はお留守で、手紙を預けてきた。
 
今日の宿泊地は曹洞宗法山寺様。
今回初めてお世話になるところだけれど、こちらも電話1本で快く引き受けて下さった。

食事も用意して下さり、有難く頂きながら、用を済ませてお帰りになった御住職様や副住職様に大変お世話になった。

近くのお風呂にお世話になり、帰って来てから副住職様としばらくお話をすることが出来た。

石巻の曹洞宗では近々に街中を行脚する計画を立てているとのこと。

実は石巻市内では、震災後、幽霊を目撃することが増えているそうで、例えばタクシーにお客さんを乗せたものの、降りるころには誰もいなくなっていた・・・とか、被災して以来開けていないスーパーマーケットに夜になると、カートを押す人が出る…。とか。

幽霊がこの世にいるかいないかが問題なのではなく、確かに見た、と仰る人に対して、少しでも安心して頂けるように、ということで行脚をし、ご供養をしようということで、是非とも今回限りではなく、継続して続けてもらいたいものだと思った。

副住職様と、かなりゆっくりお話が出来て非常に楽しかった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/82-1f6760d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。