FC2ブログ
南無妙法蓮華経

今年も日蓮本宗本法寺様にお世話になり、2日目の朝を迎えた。
天気がよくてホッとしながら、このまま天気が一日持ってくれると有難いと思いながら県庁前に向かった。
佐藤上人様が、8時から4時までの間、座る場所を確認するため先発隊で出かけ、7時に出発した。
県庁前に到着すると、線量計で図った数値の値が非常に高く、地上から1メートルのところで、昨年3日間座らせていただいた神社のところの空間線量が約1,4マイクロシーベルト、それでも少しずらすと数値が変わるので、あくまでも参考程度にしかならない。

コンクリートではなく、地面がむき出しになっているところの方が数値が高いので、よくよく測ってみて、県庁と向かい合うコンクリートの歩道にブルーシートを敷き、マットを置いた。
どうやら、県庁の方々は昨年の御祈念の事を覚えているようで、県庁前で警備をしている男性からも、非常に親切にしていただいて、こちらからの要望書も、どこに持って行ったらいいかアドバイスをして下さったので、秘書課と記者クラブにチラシを持っていくことにすると、担当外の男性がこれまた親切にして下さって、丁寧に応対して下さった。

放射線量が高い。それでも変わらず暮らしている福島の方々。公園が立ち入り禁止になっていたので、ホットスポットだからかと思っていたら、地震の後の工事が終わったばかりだったからとのお答えに少し安心しながらも、この職員の方も、先ほどの親切にして下さった警備のおじさんにも家庭があり、一見何もないようで、実は命の危険に曝され続けている状態であることが、何ともやりきれない。

地元新聞の記者の方がさっそく取材に来て、代表である佐藤上人様が応対した。
その後、「写真を撮らせてほしい」という男性が来られ、聞くと浪江から避難してきているとのことで、本日のお断食の終了後に、お話を聞かせて頂けることになった。

無事にお断食も終わり、通りを行く方々の視線も感じながら、それでも今迄のような冷ややかなものではなく、どこかそれぞれの思いのこもったまなざしの様だった。

本法寺様に戻ると、先ほど声をかけて頂いた方々が来て下さり、今回の事故の事や、現在の状況など、詳しく聞かせて頂くことが出来た。

○  仮設は、冬寒くて夏は暑く、常にうるさい。
○  現実問題、被ばく者として他県の人との婚約が破棄されるケースが増えてきている。
福島県外に嫁にいけない。
○  東電からの、被災者を無視した保障金の手続きを行うために、郵便局が混雑している。
○  福島から逃げたくても、逃げた先に生活の保障がないから避難なんてできない。
○  「除染」と簡単に言うけれど、除染など出来るわけがない。ただ洗い流しただけで、存在としては残り続 けるものだから。
○  日本は核兵器の初の被爆国だけれど、この度の低線量、長期被ばくも世界初の事例であるので福島県民がモルモットにされている。
○  原爆と原発の放射能汚染のされ方は、基本的に違い、原爆はあくまでも兵器として人を殺す目的で作られたため、人は殺しても戦後すぐにその土地が使えるように開発されているので、今回の原発事故での放射能汚染と   は放射性物質の出方が違う。
○  もともと自然界に放射性物質は存在しているけれど、それを長い年月で体内に蓄積しないように対応できるようになったのが今の人間の体で、セシウムは自然界に存在しないものだし、人工的に作られた放射性物質だから、人間の体を蝕むのは当然。

などなど、今まさに、現場で苦しんでいる方々の声を聞かせて頂くと、脱原発、というよりは、いま、フクシマの子供たちがどうしたら被ばくしないで済むか・・・。ということ
の方が切実だというお話を聞いて、さらなる温度差を感じて愕然となる。

街の至る所で。「頑張ろう福島!」、「負けねえぞ福島!」などと看板を見る機会も多々あるけれど、現実を見たら、やはり。「頑張れない」現実がある。

子供たちの将来を考えれば考えるほど、今日もチラシを配ると嬉しそうに興味を持って喜んで受け取ってくれる姿を見れば見るほど、一日も早い、本当に必要なケアをしなければならない

いたずらに怖がることではないけれど、情報も乏しく、何をどうしていいかわからないまま時間が過ぎて、やがて見て見ぬふりや、なかったことにしてしまうことだけは避けなければならない。

皆、一様に憤りを感じているのは、本当に責任を取らなければならないものが何の責任も取らず、苦しまなくてもいいものがすべての負担を強いられていること。


考えれば考えるほど、苛立ちが募る・・・。


それこそ、苛立ちに「負けねえぞ」。


本当にたくさんの人たちの、犠牲や悲しみや苦しみを思えば、大したことはないから。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/49-55acd859