FC2ブログ
南無妙法蓮華経

早いもので、東日本大震災から今日で丸1年。

毎年のようにお世話になっている、穀物菜食レストラン「銀河のほとり」に泊めて頂いて今日で2日目。
今朝早く、高速夜行バスで来られる池田上人様を郡山駅まで迎えに出た。

車を走らせると、西の空には月が浮かび、東には日が昇り、久しぶりにいい天気になりそうで嬉しい気持半分、去年のことを思い出すと、大変だった事が思い出されて、未だに収束の着かない事態、または、さらに問題が生じて複雑化している分が露わにされて、目の前の壁がさらに厚く、高くなっていることで、一日も早く事態の改善を図らなければ…。と思う。

今日は半日、開成山球場で断食祈念をした。7時過ぎに銀河のほとりを出発、球場に着いて木が4,5本生えている場所にブルーシートとマットを敷き、8時から断食ご祈念スタート。

11時半までの間、お題目を御唱えして、お太鼓をたたいた。その間何度となく人が行きかい、12時に開場し、球場内に入り、いちばんいい席を陣取ろうと思ったら、なんと予約した方でないと…。ということで色々行き違いはあったけれど、最終的に1塁側の2階席に落ち着き、集会の開始を待った。

加藤登紀子さんのコンサートがあり、大江健三郎さんのコメントがあり、福島に住まう方々の憤りや深い悲しみが込められた訴えを聞き、震災発生時の午後2時26分には1分間の黙祷が捧げられた。
あの日から1年が過ぎ、福島が抱える問題、そして日本人全てが忘れてはいけない日がやってきた。今までの暮らしに戻れなくなって、未だ途方に暮れている人も大勢いる

本当に、奥深い問題山積の状況、だからこそ、諦めないで繋げていかなければ・・・。

その後3時20分くらいからか、今回の目玉?のデモ行進に参加した。

福島県では、このような行動が起きる事自体珍しい事だそうで、あっという間の行進終了。

それでも我々は、郡山駅に向けて太鼓をたたき、お題目を御唱えして歩いた。

すると警官が2人ほどやって着て、「デモは終了したので太鼓をやめるように」と難癖(?)を付けてきた。

それでも、こちらはあくまでもデモではなく、祈り歩いている事を伝えて、駅まで歩いた。

警官が去って、駅にもたどり着き、そこからそれぞれ車に便乗して、一路「銀河のほとり」に戻り、近くを流れる阿武隈川に、今年も御題目を水に溶ける紙に書いたものを御神酒と一緒に流した。


昨年はこの日を境に世界が変わった。

1年経って今、さらに大きく変われるチャンスを迎えている。
油断せず、確実に前に進みたいと思った。

今回のデモ行進が始まり、歩きだした時に入口付近で、避難命令が出たため、置き去りにするしかなかった牛などの生き物の命に対する訴えをしている人たちがいて、人間だけでなく、すべての命と共存出来ない原発と、それに絡む利権などの問題、そして今回の集会に集まって来たたくさんの人たちにも様々な主義主張があり、横一列に並べないもどかしさも感じて、なんだか切ない思いもした。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/46-c01c1d45