FC2ブログ
様々なのぼりを立てながら、会場を埋め尽くしている人達は、後から聞いたのだけれど、1万2千人ほどだったとのこと。

それにしても、マスコミ関係はほとんど見当たらなくて、静かなものだと思っていたら、ユーストリームで生放送をしているという2人組の人にインタビューをされたり、行進が終わった後で、取材を受けたりということもあって、震災後、確実に人々の意識は変わってきていると思った。


しかしながら、脱原発だ!平和の為だ!子供を守れ!  という、とてもシンプルな言葉に集まる人たちのそれぞれの思惑が、どうも旨くかみ合っていないように見受けられて、バラバラな物を一つにまとめることのむずかしさも感じた。

誰が主導権を取るか?  にこだわりすぎて、複雑になっているように思える。


やはり、個人の心の柱となるのは信仰であり、その中でも特に御題目であり、仏さまの教えだと改めて感じた。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/27-51330c1e