上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南無妙法蓮華経

命の行進は、8月6日広島到着をもちまして、終結することとなりました。

思えば、残雪の残る立春の日から歩き始め、雨の日も雪の日も、山を越え、川を渡り、
「後から続いてくる未来の子供達の為に」なんとか全原発を廃炉にしたいという一心で歩みを進めてまいりました

6ヶ月という長い間、行進団に、一人の病人も怪我人も出なかったことは、まさに諸天善神、仏様、御祖師様、お師匠様のお加護の賜物と拝察申し上げます。

三浦上人、泉上人、矢向庵主さんに支えられ、年寄りは年寄りなりに、病人は病人なりに、行進者の一人一人が大事な役割を担っておりました。

そして道中、数え切れない程沢山の方々に、ありとあらゆる方面で、支えられ、助けられました。
此の方々の支援なくして、到底「命の行進」を成就することは叶わなかった事でしょう。
深く感謝申し上げます。

行進する者、支援して下さる者、それに関わる全ての人々の真摯な思い、そして、声なき声がお題目様の祈りを中心に、この「命の行進」を形作っていったものと思われます。

全国に広がる54基の原発が立地する場所は全て、古来より仏陀神明の住み給う御霊地でありました。
人々が天を仰ぎ、神々を畏れ、大自然に畏敬の念を抱き、大事に大事に護ってきたきた土地でありました。
しかるに物質科学文明の発達とともに、人間の精神的荒廃は著しきものとなり、正義心は失われ、命より経済が重んじられ, 科学万能の極みと崇められ、その象徴として、
わざわざ聖地を塗りつぶすが如くに建てられてきたものが原子力発電所でありました。

しかし、ひとたびその皮が捲られれば、「人類絶滅、文明聡破戒さえ想像さるる恐怖と罪悪」の象徴以外の何物でもないことが、火を見るより明らかになりました。

故に、日本全国に広がる原発全ての廃炉解体するという作業は、人類絶滅の恐怖と罪悪を排除するのみならず、
地中深く埋もれてしまった日本人の慈悲深き精神性を発掘する作業でもあります。
言い換えれば、人間が各々の心の中に精神的支柱を建立していく作業こそ、
今後の原発解体の直接的実践行動になっていくものと思われます。

藤井日達聖人曰く、
「口に妙法を唱えるのは、永遠不滅の生命を目指す人間の精神的希望であります。
地上の人間が明日をも待たず皆悉く死せる者と変わり果てねばならぬ運命の脅威が、南極、北極、
大気圏外までも充満しております。しかもこの脅威を排除する道は、科学にも政治にも経済にも武力にも、
近代文明の何処にも見出されません。
只人々の一心の転変、目に見えぬ各々の精神の建て直しより他に何の方便もありません。」
 
また曰く、
「彼の自然に茂れる一樹の木陰に往き、路傍に生じたる幾茎の草を取って褥となして、その上に打座し、
ひたすら大慈無量心、大悲無量心の成就せん事を心にかけて、大法の鼓を撃つべきである。
至極の機会文明の弊害を救うものは、又至極の自然生活、原始生活の中にある。
此の大法の妙音は、一切の魔軍を降伏し、一切衆生を老病死の海、別しては原水爆の横難横死から
度脱せしむるであろうと、法華経には分明に記されてある。」

今年の「命の行進」は終了いたしましたが、来年も又引き続き、只只、大法の鼓を撃ち鳴らし、
南無妙法蓮華経とばかり唱え、日本全国を行脚して参る所存でおります。
今後共どうか宜しくお願い申し上げます。

 合掌三拝     佐藤達馬拝



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/238-7bb4bcbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。