FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.14 6月12日


南無妙法蓮華経
出かける前に、福井道場、塩見上人様から朝のご法話を頂いた。

「御祈念は、頭数は関係ない。仏様に願いが届くかどうかが大切である。」
「地涌の菩薩は名を残さない。」「我々は地涌の菩薩ではない、ただ、地涌の菩薩の御修行の真似事をさせてもらえればいい。」
「仏様の意にかなえば、一人の御祈念でも願いは届く」ということをお話し下さった。

このところ、県庁前での若者の平和行動があったり、平和活動をしている地元の方と繋がることもあるけれど、曲げてはいけないことは、お題目を唱えて祈っていくこと。

「平和」という思いでは一つでも、そこに至るまでの行いや思いによって、結果が大きく異なる。

「脱原発」に向けての思いは一つでも、仏意にかなわないのでは願いもかなわない。

改めて、出家者としての心構えを教えていただいた。

このところ、新聞に取り上げられたり、注目されることも増えてきたけれど、決して名を残すためではなく、人と人との心を結んでいくことを基本に置いて行っていきたい。

一人であったとしても、大勢であったとしても、共通の意識の中心となるものを「お題目」として、歩いていくこと。

ただ、それだけ。


あれこれ思い悩むこともあったけれど、ただ信じてお題目を唱えて行こうと改めて思った。

福井道場は今日が最後。4日間お世話になり、ご信者さんの落合さんを始め、堀さんご夫妻にも大変お世話になり、お上人様からたくさんのご教示を頂いた。

大勢で押しかけてしまい、迷惑な顔もせずにお迎えいただき有難かったと同時に、ともすれば持ち前の自由さで気ままな行いに流されてしまうこともあり、申し訳なく思うこともあった。

頂いたご教示をこれからの行いに生かしていこう。

それから、行進の初めのころに運転をして下さった鈴木さんが、お母さんとともに行進に参加して下さった。

今日歩いたところは、道が細く、車もバンバン通り、初めての方にはかなりレベルが高いところだったけれど、初めて歩いたとは思えないほど、鈴木さんのお母さんはしっかりと歩いて下さり、歩き終わってからも「最後まで歩けなくてすみません。」と仰って下さった。

一日だけのご参加だったけれど、歩くことに思いを持って下さる方がいることで、自分も気持ちが引き締まった。

お母さんも、鈴木さんも来て下さってとても嬉しく有難かった。

敦賀市役所に到着、議場で対応を受けた。

いつもは丸くテーブルを囲んでの話合いとなるけれど、今回は応対の3名の方とこちらから4名の人間がテーブルに着き、あとの方々は後ろの席に並ぶ形だった。

こちらの申し入れを受け取っていただく形に変わりはないけれど、それぞれの自治体での対応は、丁寧にこちらの話を聞いて下さって、時折ご自身の思いを語って下さることもあり、人として気持ちを向けて下さる瞬間が見えることがあり、嬉しく思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/187-5903a714
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。