FC2ブログ
2012.06.07 6月2日
6月2日
南無妙法蓮華経
本堂で朝勤をさせていただき、朝食を頂いて、本土寺様を7時に出発。
出かける前に、お寺の方々と一緒に記念写真を撮り、歩き出した。

金田さんと、この間お世話になった内山さんが行進に参加しに来て下さった。

志賀町役場に到着。いつもならば請願書を読み上げ、町長さんに手渡すところだけれど、今日は土曜日で役場はお休みなので、月曜日に改めてまたお邪魔することを日直の方にお伝えした。

役場のすぐ近くにある道の駅「ころ柿の里」で昼食休憩をした。

ここから久しぶりに伴走車の運転をすることになり、今日の目的地である志賀原発までの間、正面はどこかや、近くの海にお神酒やお題目を流す場所を探した。

内山さんから以前脱原発の仲間で建てた、団結小屋の話を聞き、その場所を探して車を走らせ、赤住(あかすみ)地区を右に曲がっていくと、アリス館志賀という原発PR館を通り、その先に志賀原発の入り口が見えて、ダンプやトラックがひっきりなしに走り込んでいる。警備員が誘導しているので、その方にここが正面かどうかを聞くと、正面は閉鎖されていて、入口はここしかないとのことだった。

「なんかあったんですか?」と警備の人に聞かれたので、「いえ、道に迷っちゃって・・・。」とごまかして、さらに原発の周りを車を走らせると、森の中から10基以上の風力発電の装置がそびえ立っているのが見えた。

原発近くに、海に降りていける場所が見当たらなかったので、少し車を走らせると、福浦漁港という小さい港があり、そこに一人、漁の準備をしている人がいたので、その方に、明日ここでお神酒を流しいてもいいかをお断りした。

その場は許可が出たけれど、あとで電話が来て、漁協に確認してほしいということだった。

そんなこんなで動いていたら携帯が鳴り、佐藤上人様から、東門に到着したという連絡があったので、急いで現場に向かうと、5,6人の警備員に話しかけている行進団の3,4人と、通りを挟んで黙って車を待っている行進団の7,8名に分かれていたので、何かあったのかと思って近づいていくと、警備員がこちらを中に誘導しようとするので、中に入れてもらえるのか?と思ったけれど、そんなわけもなく、車を降りてみると、イヤァな雰囲気だった(苦笑)。

特に揉めたわけではなかったようで、ただ、警備の人たちが警戒して何を聞いても「お答えできません。」の一点張りだったようだ。

今日の行進は原発で終わり、車で3日間お世話になる宿泊場所に向かった。

日本山のご縁の方で、東さんご夫妻が駅で待っていて下さり、沢山のおにぎりとともに、我々を迎えて下さった。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/174-a47d0ff3