FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.20 5月20日
南無妙法蓮華経

初夏の候 皆さま如何お過ごしでしょうか。

本日は、道の駅、良寛の里わしまから刈羽村役場まで行進しました。天候は一日中晴れ、最高気温は25度、行進参加者は15名でした。午前中に出雲崎町役場を表敬訪問をさせて頂きました。

出発前に本日のみ行進参加の御夫婦と待ち合わせ、新潟市よりお越しいただきました。以前より脱原発運動に携わり、最近はご自身のブログで全国の脱原発運動を紹介しているそうです。

その御夫婦も加わり行進がスタート、途中地元の方から声をかけられ、やはり古くからの脱原発に取り組んでいたとのこと。20年前には、バンドで脱原発ソングを演奏し、日本海側をコンサートツアーされたとのこと。「命が壊れる前に、原発を壊せ」見事な歌声を披露して頂きました。


出雲崎町役場への表敬訪問ですが、大勢のお出迎えを受けました。向かって左側に警備員が4名、右側に副町長様と職員の2名。休日にありがたいことです。町長室へお通しいただき、地元の名物「良寛牛乳」を頂きました。町長様の原発再稼働への見解をお聞きしたところ「原発の再稼働は福島の原因究明とその対策をしっかりとすることが前提」とのことでした。

役所を後に行進を再開、道の左右に田んぼが広がります。さすが米どころ、新潟県。その田んぼの向こうから手を振る子ども達、飛び跳ねながら手を振る女の子が印象的でした。

目的地、刈羽村役場到着直前に「原発はいらない!美しい自然と尊い命をまもるために」の看板が目に入ります。
経済中心ではなく、命中心に考えるならば自ずから原発問題の答えは出てくるのでしょう。本当の「問題」は人間の心が腐って行く、正義を失い欲望のままに「幸せ」を貪る生き方そのものなのかも知れません。

命の行進団、明日は柏崎刈羽原発前での断食御祈念です。
本日は泉が代筆させて頂きました。最後までお読み頂きありがとうございました。 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/159-174d3166
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。