FC2ブログ
2012.05.17 5月17日


南無妙法蓮華経
フェリーでの快適な一夜を過ごして、船は新潟港に6時に到着した。

新潟港は曇りがちだったけれど、暖かくて風もなく、穏やかな新潟でのスタートを迎えることが出来た。
フェリーを降りるとすぐに歩きだし、一路市役所へ向かった。

登校途中の小学生とすれ違い、挨拶を交わしながら歩く。北海道の時と少し違い、恥ずかしそうに、あるいは驚いたようにしている姿が印象的だった。

市役所に着き、玄関先で対応を受けた。
穏やかな方たち3人が出てきて下さり、請願書を読み上げて、資料とともにお渡しし、少しお話をしてこちらの思いをお伝えした。

その後、少しの間休憩させていただき、今度は県庁に向かって歩き出した。

県庁に着くと、先ほどとは打って変わって原子力安全対策室のようなところに所属する男性がお一人で出てこられて、先ほどと同じように、請願書を読み上げたけれど、それまでは少し緊張しているようだったのが、次第に解けてきたような感じがあって、こちらもホッとした。

実は県庁に行く前に、事前にメールやファックスなどで連絡を入れているけれど、これから行くと、電話で確認の連絡を入れたところ、「聞いてない。」「突然そんなことを言われても・・・」などという返事が返ってきたそうで、どんなことになるかと思ったけれど、対応して下さった方は、「いい人」だったので、佐藤上人様が請願書を読み上げた後、以前から気になっていた、風力、火力 水力などの発電所にはつかないのに、「原子力安全対策室」など、原発関係には、わざわざ「安全」と付くところが、いかにも危険であるという証明だとも思えるので、気になって聞いてみると、ちょっとあわてていた。

県庁から失礼しようとすると、我々の様子をご覧になっていた女性が二人いたので、チラシを差し上げると、その方々も県庁に要請に来られた方で、『みんなで決める会「原発」新潟県民投票を成功させよう!』という活動をしている方々だった。

皆で記念に写真を撮り、しばらく駐車場でお話をして、今度は車移動で新津に向かった。

新津には、日本山妙法寺の道場があり、林庵主様が食事を用意して、我々を温かくお迎えくださった。

お仏舎利塔をお参りして道場に入り、心のこもった食事を有難くみんなでいただきながら、自己紹介を兼ねていろいろ話が盛り上がり、ゆっくりさせていただいた。

本日の行進は県庁まで。あとは半日のお休みということで、明日の朝はまた道場にお参りしてから出発することにして、本日の宿泊先に移動し、それぞれに過ごした。

本州に戻り、また明日から祈り歩く。その土地その土地で雰囲気が違うけれど、これから進んでいく日本海側はどんな様子だろう。状況は深刻であり、そこに住む人たちの思いはどこにあるのか・・・。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/158-2bbe6923