FC2ブログ
2012.05.10 5月10日
南無妙法蓮華経

立夏の候 皆さま如何お過ごしでしょうか。

本日は道の駅らんこしふるさとの丘からニセコ町役場まで行進しました。天候は曇り後晴れ、行進参加者は12名でした。
本日は幹線道路から歩き始め、午前中に蘭越町役場を表敬訪問、午後は峠を経由してニセコ町役場への表敬訪問にて終了しました。

蘭越町役場への表敬訪問では、応接室へ招かれ、町長様のご対応を頂きました。蘭越町も既に「原発(依存)からの撤退」「自然エネルギーへの転換」の意見書を町議会決議しており、命の行進の趣旨、脱原発を契機に「全ての生きとし生きる者に宿る命を大切に育み、その尊さを伝えてゆく為に、祈り歩く」にも御賛同頂きました。

蘭越町では自然エネルギーへの転換を町長様が先導して実施しており、その決意と御苦労を拝聴いたしました。

「過度の原子力に頼らずに、代替エネルギーに切り替えられるかという政策を国は進めているが、実際には困難が多い」
「省水力発電、地熱発電等で発電しても北海道電力は電力買い取りに協力的ではない。電力会社への送電線を新設しなければならず、そのコスト負担は1km辺り1億円、さらにその買い取り価格も1kwで7円と提示されたが、17円以上でなければ継続できない。結局、発電と送電を独占して他の事業者を締め出そうとしているのではないかと思う。」

さらには、福島原発の事故は、「未曾有の事故ではなく、試練だと思う。仮に原発を止めても放射能の半減期は何十年とかかる。このまま便利さを求め、カネ、カネ、カネ、でやって行くのか、食って行ければ良い程度に一次産業中心でやって行くのか」「なぜ東京湾に原発を作らないのか、国民に知らせないだけで、それは危険だと知っているから」「子供達をどうする。このままでは故郷が無くなってしまう。」

そして「命と暮らしを守るの町長の役目だ。そのため市町村合併ブームに乗らず、町職員数を削って町独自の予算を確保し、町独自の福祉手当制度を実施している」

その語り口は温厚で文豪のような雰囲気を漂わせ、お話しを続いたのですが、残念ながら、次の御客様(自然エネルギー関係者とのこと)がいらっしゃって、私達は役場を後にしました。

午後は、峠を経由後、ニセコ町に到着。日本百名山のひとつ、羊蹄山のお出迎え、蝦夷富士と呼ばれるその雄々しさには畏怖の念が生じます。ニセコ町役場では、町長様に先約があり、総務課長様にご対応頂きました。ニセコ町も既に「原発(依存)からの撤退」「自然エネルギーへの転換」の意見書を町議会決議しており、行政レベルではもちろんのこと、町立の高校でも自然エネルギーの発電実験を行っているとのこと。
北海道から「なつかしい未来」が始まることを願いつつ、役所を出れば、高校生の集団、互いに挨拶を交わし、命の行進のパンフレットを渡すと「えっ、福島から歩いて来たの。すげ~」との発言。ありがとうございました。

本日の宿泊場所に到着後、このブログを記していると、来客です。なんとニセコ町長様です。「先ほどはせっかくご訪問頂いたのにお会いできず失礼しました」なんとご丁寧で真摯的な対応、一同大感激させて頂きました。

合掌 本日も泉が代筆させて頂きました。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/149-3cb2bb96