FC2ブログ
2012.05.01 4月26日


南無妙法蓮華経
佐藤上人様が、ネパールからこの行進に参加して下さっていたヴィシュヌさんという女性を千葉の清澄で出家得度させるために行進をはなれたので、2,3日は代表の代わりに頑張ろう。

今日は東通原発までの行進。天気も悪くなくて暖かい。

あさ、登校中の小学生と遭遇した。子供の姿を見るのは青森に入ってからは珍しい。「おはよう」と声をかけるとそれなりに反応はあったけれど、一人で歩いている子はなんというか、何かを抱えているような表情だった。

通りかかったラーメン屋さんでトイレをお借りして、休憩をしながら歩いた。

陸上自衛隊対空射場などの施設で御祈念をしたけれど、全く人がいなくて拍子抜けするほどだった。

昼食休憩は、長年反対活動をされている種市信雄さんのお宅にお邪魔して家の中に入れて頂き、お話を伺いながら頂いた。

六ヶ所に限らず、青森はどこでも原発で成り立っているから反対なんてありえない、とのことで生きていくために、雇用の問題で仕事がない地元の若い人にとって、原発産業は格好の就職先となっている為、しようがないといった感じだとのことだった。

帰り際に昆布をたくさん頂戴して、そのお礼というわけではないけれど、みんなで家の仏壇の前で、ご供養をさせて頂いた。

その後も歩き続け、東通原発が見えた。青森なのに、東京電力も関わっている。明日は一日男児kで、その後PRセンターに見学に行く予定。

帰る途中、ロッカポッカという原燃の関連企業の入浴施設に立ち寄り、お風呂を使わせていただいた。

通常は700円のところ、今日は26(ふろ)の日、ということで、誰もが260円で入ることが出来た。

行ってみたけれど、ガラガラだった。

これに始まったわけではないけれど、施設が充実してもそれを使う人間がいない。金に物を言わせて器は作るけれど、使いこなせなければ意味がない。

ゆがんだ街に見える六ヶ所 、青森。

人間にとって、本当に必要な物とは何か?

考えさせられる。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/136-9ec72b23