FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.17 4月12日
南無妙法蓮華経

今日は、釜石のトンネルを越えた所から出発。

去年も歩いたところを通るので、当時を思い出しながら歩いた。

瓦礫は片付いてはいても、土台がそのままだったり、瓦礫の山がそびえている中を歩いていると、自分がまるでパニック映画に出演している様な、映画のセットの中にいるような気になってしまう。現実の中にあって、いまいち実感が伴わない。

歩みを進めると、昨年も話が出てきた、箱崎トンネルを通った。
この場所は、夜になると数えきれない程の霊が海に向かってとびこんでいく姿が目撃された所だそうで、自衛隊の隊員がおかしくなって、何回も別の部隊が派遣され、そのたびに目撃され、隊員がおかしくなると云う場所だった。

トンネルをくぐる前にお線香を用意して、大きい声で御題目を御唱えしながら通った。

外に出ると、トンネルの脇の、下のあたりに昨年書かせて頂いた御題目のお塔婆があった。


海に近付いて行き、御供養をしていると、こちらを見ているわかめ加工のおじさんが、昨年のことを覚えていて下さった。

少しそこでお話しをしていると、ワゴン車から一人、お母さんが出てこられて、お話しを聞くと、娘さんの旦那さんが津波で流され、未だ見つからないとの事で、御供養させていただくことにした。

車に分乗して別の浜辺に出かけ、みんなで御題目の紙を撒いてきた。

可愛い男の子を残して旅立った御主人のことを、今もしっかり大切にしている。
色々な気持ちを抱えて、それでも前を見て進もうとしている人たちがいる。

海辺で御供養を終え、皆さんとても喜んで下さった。


そういえば、去年このあたりを御供養して以来、幽霊が出た、という話は聞かなくなった・・・。

という 有り難い話を聞いた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://inochinokoshin2012.blog.fc2.com/tb.php/116-2e0115ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。